ABOUT / ベーダセンターについて

ベーダ国際ロボット開発センターとは

ベーダ国際ロボット開発センターは、日本、ドイツ、イタリアのロボット工学・医療・生命体工学等に携わる世界トップクラスの大学、研究機関、企業による、医療・介護・生活支援分野のロボット開発を行う組織です。市町村合併により空いた旧町役場跡を利用し、先端ロボット・医学研究者の横断的・コンソーシアム的な連携により、企業や行政からの開発委託を受け、先端技術・ノウハウを製品に反映することを目的に設立いたしました。ベーダ国際ロボット開発センターは、世界のロボット研究をリードするとともに、社会・福祉・医療の問題を具体的に解決していきます。

What is “VEDA INTERNATIONAL ROBOT R&D CENTER”?

“VEDA INTERNATIONAL ROBOT R&D CENTER” has been established to promote developing advanced robot for medical, nursing and life support. It consists of world leading universities, institutes and company which have studied robotics technology, medical and life science from Japan, Germany and Italy. VEDA CENTER uses ex-town hall after local city-town merging.
The objective of VEDA CENTER are getting entrustment from company or government to develop advanced robot and feedbacking R&D know-how into practical robot while crossing over robotics technology with medical research.
“VEDA INTERNATIONAL ROBOT R&D CENTER” would be leading the study of robot in the world and would resolve social, welfare and medical problems by consortium members.

活動内容

ベーダ国際ロボット開発センターの使命は、最先端の研究開発と共に、ロボットおよびロボット技術を使った製品の産業化・事業化です。
世界経済が100年に一度の危機で既存産業の成長が衰退するこの転換期に、再び世界経済を活性化させる新産業、ロボット産業市場の創出をリードします。

Activities:

Missions of Veda Center are both R&D of the advanced robotics technology and realizing profitable business/industry by its integrated robotics technology.
Global economy faces the severest recession once in 100 years and we expect our Veda Center could break through world economy to boost robot industry though the existing industries are slow downing.


活動の流れ

企業・行政からの受託開発(国内・海外)

国内外の企業や行政から、医療・介護・生活支援分野におけるロボット、ロボット技術を活用した製品の開発委託を受け、先端研究者個々のノウハウを結集し、研究開発成果を納めます。

研究プロジェクトの発案・推進

ベーダセンターメンバー、それぞれの研究者の研究開発テーマを持ち寄り、事業化、市場化に結びつくプロジェクトを発案、推進します。

広大な敷地を利用した実証実験

旧町役場跡という広大な敷地と建物を利用し、模擬実験場、坂道、砂利道、階段など、ロボット開発に必要な実証実験をする環境が整っています。実際の生活空 間を想定し、例えば、生活支援分野の警備ロボット、受付ロボットを実際にセンター内で自分たちで使いながら実用化していく、という活動も行います。

ネットワークを活用した市場開拓

例えば医療系の大学が持っている病院や、テムザックの持っているユーザー、事業パートナーなどを活用し、市場開拓に必要なユーザーの意見などを開発に反映 するなど、研究のための研究ではなく、産業化のために必要なユーザー、販路開拓など、既に各メンバーが築いているネットワークを利用した市場開拓を行いま す。

普及・啓蒙活動

医療・介護・生活支援分野の先端ロボット技術と産業化に関する普及、啓蒙活動を行ないます。地元住民を対象としたロボット一般公開や、講演会、講習会、国際交流、人材育成などを行います。

地域社会参加型の開発、還元

ベーダセンターは、近寄り難い囲まれた壁の中で研究開発するのではなく、県民、市民と一体となった研究開発を行います。実際にロボットを市民の方に使って もらい、さまざまな意見、アイデアをいただき、製品の改良や次世代機のロボット開発に生かす、地域参加型の開発を行い、地域経済全体の浮上に貢献します。

Robot development trusted by company and government (Domestic and Overseas)

VEDA CENTER would be entrusted by company/government from domestic/overseas to develop medical/nursing/life-support robot and to develop products which are applied with advanced robotics technologies.
And the highest performance/result would be expected by cooperative study of each top professors.

Originating and promoting of R&D project

Members of VEDA CENTER come together with each R&D theme and VEDA CENTER originate and promote integrated projects for realizing actual business and market.

Practical examination in the large space

There are enough space/building at VEDA CENTER with laboratories, slope, sand road and steps where any test run of robot would be possible for the actual use of robot.
Assuming actual life space, security and receptionist robot would be developed while using and testing by members in VEDA CENTER.

Marketing with members’ network

While getting market needs and information through members’ network like as medical relationship of Kyushu university with their hospital and like as Tmsuk with user and technical partners, Veda Center could develop its own market.
Each member has original network in many field and these market needs/information contribute to not only pure study but also development of the actual market reflecting users’ opinion.

General education and public relation

In order to raise the understanding of robotics technology/industry, especially of medical nursing and life support fields, Veda Center would take place general education and public relation activities like as conference, seminar, international exchange, education and open center to the public.

Society relationship and contribution to the local

Veda Center is not the isolated institute with castle wall but carry out R&D together with citizens nearby.
Citizen can try to use robot and give opinion/idea for R&D monitoring.
Further more Veda Center aims at economic expansion in local society.

ベーダセンター概要

名称 一般社団法人 ベーダ国際ロボット開発センター
所在地 〒811-3502 福岡県宗像市江口465番地
設立日 2009年4月22日
役員一覧
理事長 橋爪誠
理事 髙西淳夫、北野宏明、髙本陽一
監事 田原公生
社員 橋爪誠、髙西淳夫、北野宏明、トーマス・クリスタラー、
パオロ・ダリオ、南戸秀仁、横小路泰義、相良慎一、石井和男、
宮本弘之、株式会社テムザック
開発項目 医療・介護・生活支援分野のロボット開発

Summary of Veda Center:

Official Name VEDA INTERNATIONAL ROBOT R&D CENTER
Address 465, Eguchi, Munakata-shi, 811-3502, Japan
Established April 22, 2009
Director list
Chairman Prof. Makoto Hasidume
Director Prof. Atsuo Takanishi, Mr. Hirokai Kitano, Mr. Yoichi Takamoto
Auditor Mr. Kimio Tahara
Member Prof. Hashizume, Prof. Takanishi, Mr. Kitan, Prof. Thomas Christaller, Prof. Paolo Dario , Prof. Nanto, Ass-Prof.Yokokohji, Ass-Prof. Sagara, Ass-Prof. Ishi, Ass-Prof. Miyamoto, Tmsuk Co.,Ltd.
R&D theme Developing Medical, Nursing and Life support robots
ページ上部へ / back to top